ニコラ・テスラ。369が宇宙と世界のシークレットを解明する!

どうも~瀬名です。

今日は、僕らの生きる世界にちりばめられた《不思議な数字》についてです。

それで、まず僕らが普段使っている【数字】がありますが、

この数字は人間が発明したものではなく、

数字とは自然界、宇宙から発見した法則です。

(あらゆるものに黄金比が隠されている・・)

この数字の中でも特に興味深いのが3,6,9という数。

とある天才科学者、ニコラ・テスラはエジソンと同じ時代に生きた人です。

テスラは、実はエジソンを超える天才と言われていますが

その彼が発見した3,6,9という数字には

この世界の秘密を紐解く驚愕の事実が隠されていました。

数字は宇宙の暗号だった!?悟りのシンボルとは?

さて数字には不思議な法則性が隠されています。

たとえば数字を1から足し算していくと、法則性が見えます。

(20)=

(21)1+1=

(2)2+2=

(2)4+4=

(2)8+8=16 ⇒ 1+6=

(2)16+16=32 ⇒ 3+2=

(2)32+32=64 ⇒ 6+4=10 ⇒ 1+0=

(2)64+64=128 ⇒ 1+2+8=11 ⇒ 1+1=

(2)128+128=256 ⇒ 2+5+6=13 ⇒ 1+3=

(2)256+256=512 ⇒ 5+1+2=

(210)512+512=1024 ⇒ 1+0+2+4=

(211)1024+1024=2048 ⇒ 2+0+4+8=14 ⇒ 1+4=

上の式で、1,2,4,8,7,5

という数字が繰り返しているのに気づきましたか?

ここでは不思議なくらい3,6,9という数字は出てきません。

では次に、3の倍数で足し算をしてみましょう。

3+3=

6+6=12 ⇒ 1+2=

12+12=24 ⇒ 2+4=

24+24=48 ⇒ 4+8=12 ⇒ 1+2=

48+48=96 ⇒ 9+6=15 ⇒ 1+5=

96+96=192 ⇒ 1+9+2=12 ⇒ 1+2=

・・

ここでは3と6が繰り返し交互に出てくる法則性が見えます。

では次に9の倍数で足し算です。

9+9=18 ⇒ 1+8=

18+18=36 ⇒ 3+6=

36+36=72 ⇒ 7+2=

72+72=144 ⇒ 1+4+4=

144+144=288 ⇒ 2+8+8=18 ⇒ 1+8=

・・

ここでは9が永遠と繰り返されます!

人類の歴史で繰り返される3,6,9のシンボル

3,6,9はピラミッド型を形成するのですが・・

歴史上そして現代でもピラミッド型は多く目にする形です。

陰謀論などで有名なのが、1ドル札に描かれたプロビデンスの目ですね。

一説によると、数字の、1,2,4,5,7,8は物理世界を表すとされます。

そして3,6,9は高次元世界を表すだとか・・。

以下の画像をご覧ください。

1+2=

1+5=

2+4=

4+8=12 ⇒ 1+2=

5+7=12 ⇒ 1+2=

7+8=15 ⇒ 1+5=

・・

このように、数字の1,2,4,5,7,8は3と6に帰結するので

3と6の支配下にあるとされます。

また3+6=9なので、3と6は9の支配下にあるとされます。

という事は・・9という数字がいちばん高位の(?)数字であることが伺えます。

その証拠と言ってはなんですが、9は面白い性質を持っています。

たとえば、1~8までの数字をすべて足し算すると・・

1+2+3+4+5+6+7+8=36 ⇒ 3+6=

・・

そう。9は1~8全ての数字を含んでいるのです。

さらにさらに・・

+9=10 ⇒ 1+0=

+9=11 ⇒ 1+1=

+9=12 ⇒ 1+2=

+9=13 ⇒ 1+3=

+9=14 ⇒ 1+4=

+9=15 ⇒ 1+5=

+9=16 ⇒ 1+6=

+9=17 ⇒ 1+7=

+9=18 ⇒ 1+8=

・・

このように数字に9を足し算すると、元の数字に戻るのです。

9はまるで0のような性質を持っています。

9は有(全て)でもあり、無でもある。

9という数字について考えていると、この様な言葉が思い出されます。

「わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。初めであり、終わりである。」(ヨハネの黙示録22:13) 

これは聖書にある一節で神が語ったとされる言葉です。

さらに、

空即是色(くうそくぜしき)
仏教では、物の本性は空(くう、つまり無)だが、それがそのままこの世の一切のものであるということ。

9という数字はすべての数字を包括するので、この宇宙の全てだとも言えるし・・。

また9を足し算すると0の性質があることから、この宇宙は空(つまり無)だとも考えられます。

また、この数字の「9」は、「勾玉」の形とも言われており、生命や胎児の元型、自我をあらわしています。

陰陽のマークにも相似性が見て取れますね。

そして、9という数字は図形の中にも繰り返されます。

三角形と六芒星にも3,6,9は現れる

上の円の周りにある数字はフィボナッチ数列です。

(フィボナッチとは、前の数字と足し算していくこと)

時計の1時のところから見ていきます。

1+9=10 ⇒ 1+0=

9+1=10 ⇒ 1+0=

1+1=

1+2=

2+3=

3+5=

5+8=13 ⇒ 1+3=

8+4=12 ⇒ 1+2=

・・

ちなみにフィボナッチ数列には黄金比が隠されています。

地軸の傾きにもあの数字が隠されています。

23.4 ⇒ 2+3+4=

66.6 ⇒ 6+6+6=18 ⇒ 1+8=

このように見ていくと・・数字には宇宙の神秘(ロマン)を感じずにはいられませんね!(笑)

おまけ

ところで、666は悪魔の数字って聞いたことありませんか?

陰謀論では必ず出てくる数字ですね(笑)

この666または18(6+6+6)という数字は、

世界統一政府つまりNWO(ニューワールド・オーダー)、

要は「世界征服」を目論む秘密結社が好んで使うものなんですね~~。

彼らはハザール帝国(遊牧民)で人間を奴隷として使役し、

なななんと、悪魔を崇拝していた人たちです。

「ハザール王国」は7世紀にハザール人によって
カスピ海から黒海沿岸にかけて築かれた巨大国家です。
9世紀初めにユダヤ教に改宗して、世界史上、類を見ない
ユダヤ人以外のユダヤ教国家となりました。

悪魔崇拝は【逆さ文字】とかを好んで使うのですが、、

偶然にも6という数字は9の逆さまですね~(!?)

悪魔というのは元々は聖書の中で「天使」だった訳ですが、

それが全能の神に逆らって「堕天」したのが「悪魔ルシファー」

『ルシファー』とは明けの明星(光を照らす者)を意味する。

ん?これって『イルミナティ』?

たしか光と関係あるんじゃあ・・(笑)

ちなみに・・

2000年、ジョージ・ブッシュが大統領に選出されてから

アメリカ共和党のマークが変更されました。

次の画像がそのマーク。

元はこちらだった

2017年、ヒラリー・クリントンの選挙演説にて・・

星条旗が逆五芒星です。

まあわざわざ悪魔を意識して逆五芒星を使っているんだとしたら

とても悪趣味な人たちですね(笑)

信じるか信じないかはアナタ次第!

ではまた!

瀬名晴太

★この記事が面白かったらポチっと応援お願いしますね~~↓
https://bitcoin-advisory.info/cyfons/cf/mfy